• Home
  • >
  • シンスプリント

シンスプリント

  • シンスプリントは、スポーツ障害のひとつで、すねの痛みからスポーツ活動や生活にも影響が出ることがあります。放置すると、疲労骨折を引き起こす可能性が高いです。当院は、スポーツの怪我を得意としてますのでお困りでしたら、ご相談ください。

シンスプリントとは、すねの内側にある骨が引っ張られ、筋肉が炎症し、痛みなどの症状を引き起こすことを言います。

発症すると安静期間が必要なので、スポーツを休止しなければいけません。

次のような症状が出現しやすいです。

・すねの圧痛
・ふくらはぎが痛い
・すねに痛みや腫れがある
・すねの部分がズキズキと痛む
・何もしていない安静時もすねが痛む
・ダッシュ、ジャンプ、ストップの動作ですねが痛む

初期症状は、運動中や運動後に痛みが生じます。悪化すると安静時も痛みが生じるので、早期に対処しましょう。

このような症状がありましたら、ひとりで悩まずに当院へご相談ください。

シンスプリントの原因とは

練習量の過多が主な原因で、それに伴う次の要因が加わり、発症しやすくなります。

【内的要因】
・身体のゆがみ
・オーバートレーニング(使い過ぎ)
・負担のかかりやすいランニングフォーム
・筋持久力・筋力のバランス・柔軟性の低下
・衝撃を受けやすい足の形(扁平足・回内足:踵の外側がすぐにすり減る人)

  • 【外的要因】
    ・舗装道路や平坦ではない場所でのランニング
    ・かかとがすり減っている靴やクッションが悪い靴の使用

シンスプリントを発症しやすいのは、次のスポーツです。

・ダンス
・サッカー
・マラソン
・バレーボール
・バスケットボール

シンスプリントが悪化するとどうなる?

安静時のすねの痛みが持続するときは、疲労骨折の可能性が考えられます。

もし、病院の受診が必要なときは当院からご紹介できますので、ご相談ください。

早期に治療を受け、早期に回復できるようにしましょう。

症状を改善するためには

施術でシンスプリントを改善しましょう。

・背骨や骨盤のゆがみは、下肢への負担から痛みが生じます。
・筋肉量の低下や柔軟性の低下も、下肢の痛みの原因となります。

  • ①まずは、全身の状態をチェックし、ゆがみや筋肉の状態をみます。
    ②マッサージで凝り硬くなった筋肉をほぐします。
    ③施術で背骨や骨盤のゆがみを矯正し、その後は下肢の施術をします。

姿勢の改善から、痛みの軽減へとつながります。

快適な生活を送るために

当院では、シンスプリントを施術で改善している実績があります。

部活動を休んでいた中学生の患者様が改善され、楽しみな部活動を再開できるようになりました。
再発防止のための生活指導を受け、取り組んでいる姿がみられています。

当院での施術を体感してみませんか?ご来院をお待ちしております。

ページトップへ戻る

LINEで24時間予約受付!
お電話・お問い合わせはコチラ 045-353-5695